カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

香典返しのマナー

香典返しの相場・目安香典返しの時期
香典返しの礼状・挨拶状香典返しにつける掛け紙
生花・弔電・ 手伝いのお礼
香典返しと茶
香典返しに商品券


■一般的には「半返し」

香典返しの金額の相場は一般的に「半返し」と言われています。
手前ども百貨店は、香典金額の半額程度を目安としてお返しをされる様ご提案してまいりました。
たとえば、10,000円いただいた方には5,000円程度をご予算としてお考えくださいませ。

■当日返しとの兼ね合い

 ご葬儀当日にお茶などの「香典返し」をする習慣が定着しました。
その際、儀礼的には、あらてめての香典返しは不要です。葬儀当日に香典返しを済ませているからです。
 一方で、「香典返しは半返し」も一般的な相場です。高額なお香典を頂戴した方々へのお返しにお悩みでしたら、3割程度をご予算にしてお返しされることをおすすめします。
 なお、当日にお返しするハンカチ(500円相当)や食事の振る舞いは「おはこびいただいたお礼」の意味であり、お香典返しではありませんので、香典返しの予算とは別に考えられることをおすすめいたします。


■高額のお香典に対しては・・・

親族や身内からいただいた高額のお香典に対しては必ずしも半返しが必要ではありません。親族や身内からのお気持ちです。ありがたく受け取りましょう。
あまりキッチリ半額お返しするのも、妙に仰々しいと思われることもあります。当店では香典金額3万円(15,000円相当の半返し)ぐらいまでを半返しの目安とされるようにおすすめしています。それ以上は3分の1、4分の1返しでもそれで失礼にあたることは全くありません。

葬儀当日でもかまいませんし、その後でもかまいません。

■仏式の場合
お返しの時期は四十九日法要後にまとめて発送されるのが一般的です。 四十九日(七七日)の忌明け法要を営むまでは「忌中・喪中」の期間であるからです。 喪に服している間はお礼や香典返しは慎むのが本来の礼法にかなった答礼といえます。
ただし、最近では「当日返し」などの新しい習慣が定着しています。

■キリスト教の場合
香典返しは日本独特のしきたりで、キリスト教には本来「香典返し」という習慣がないのですが、時期としては三十日祭の召天記念日後にお返しなさるのが一般的です。

■神式の場合
神式の忌明けに相当するのは五十日祭です。香典返しはもともと仏式のしきたりなので、やはり仏式に準じた形でお返しします。

香典返しに挨拶状はつきものですが、必須ではありません。

■礼状・挨拶状について

香典返しを発送する場合、お世話になったことのお礼、四十九日法要・納骨が済んだことの報告の意味をこめて商品にご挨拶状を添付するのが一般的ですが、必須ではございません。なお、直接お渡しなさる場合は、挨拶状を添える必要はございません。

■当店でご利用いただく場合

一般的な文例をご用意しております。戒名有、戒名なしの文例がございます。また、ご注文の商品数量分は無料で作成いたします。 別文をご希望の場合、別途5,000円(+税)を申し受けます。
信仰に沿った文章を作成いたします。

■挨拶状の文例 【仏式 
挨拶状の文例 

■香典返しの品物につける掛け紙(のし紙)

香典返しをお送りする際には掛け紙はつけるのがマナーです。地域性や慣習によってさまざまですが、一般的には下記のような表書きと水引で用意し、名入れ部分にはご葬家の苗字を入れるケースが大半です。


表書き水引
仏式(関東)黒白結び切り
仏式(関西)満中陰志黄白結び切り
神式黒白結び切り
キリスト式黒白結び切り

■フルネームや○○家と入れるのはどうか?

どちらの場合も喪主の立場や葬家の事情によりそのほうが望ましい場合は、フルネームや○○家としてご指示くださいませ。また、施主が複数の場合などもそれぞれの氏名を書いてもかまいません。

■複数の法事を一緒にする時は・・・

二つや三つの法事をまとめて行うとき(通常三回忌以降)、掛け紙の書き方は、仏さまになられた順に右から左へと書いていきます。また、○○回忌とそれぞれ入れたりする場合もありますので、ぜひお問合せくださいませ。

■掛け紙見本(表書-志タイプ)

のし見本
■生花のお礼は必要でしょうか?

個人からの場合は必要です。


お香典の他に生花をいただいた方への対応に困ることがあります。この場合、お返し金額を5,000円としてお見積もりくださいませ。

■弔電の場合

弔電については金額的なこともあり、お礼の品物をお贈りされる方はあまりいらっしゃいません。ただし、いただいたご厚情にたいしてはきちんとご挨拶したいものです。葬儀後、なるべく早い時期にお礼の言葉を差し上げるのがよろしいかと思います。

■お手伝いいただいた方へは・・・

当日、なにかとお手伝いをいただいた方へはお礼の気持ちをお返ししたいものです。 タイミング良くその場でお礼をなさるとよろしいかと存じます。葬儀社様でのご用意はございませんので、ご自分で1,000円前後の上質なハンドタオルやお菓子などをご用意くださいませ。


6.会社への香典返し

■会社や所属団体の風土を理解することが大切です。

身内の葬儀の際に勤めている会社や所属団体から香典をいただくこともよくあります。皆様、会社や所属団体の風土を理解してご対応されています。大企業などの場合は形式的に総務部などから届く場合がありますが、こういう場合は必要ナシと判断される方が多いようです。会社のごく親しい方々からいただくようなケースではやはり皆様お返しなさっています。なお、会社から生花や弔電をいただく場合、中小企業などでは、香典返しの予算をワンランクアップして社長宛にお礼なさる方が多いです。一人一人になにかお礼(お返し)をする必要はないでしょう。 

■連名の香典返しへのお返し

いただいた金額にもよりますが、お香典の差出人が「○○一同」でいただいた場合は、分け合えるような個包装のお菓子などが定番です。500円程度のタオルなどを人数分ご用意なさる方もいらっしゃいます。ただし中身が通常個々にいただくお香典金額と変わらないような場合では、きちんと個別にお返しなさったほうが無難です。

■お返しのタイミング

お返しのタイミングはやはり四十九日(仏式)法要後に会社で手渡しされる方が一般的です。ただし、葬儀後出社した初日には一言お礼を述べておくのが常識です。四十九日まで待たずにお返ししたいという場合は、葬儀後なるべく早くお渡しされると良いでしょう。会社で手渡ししていきますので、本人がいない場合も考慮して、挨拶状は添付しておいたほうが無難です。


■仏教と深い関係のあるお茶

葬儀のお返し物の代名詞としてお茶はたいへん有名であります。なぜこのような習慣ができたのでしょうか?実はお茶は仏教と深い関係があります。むかし(奈良、平安、鎌倉の時代)は中国からお坊さんを招き、仏教の考え方を教わり、それを基本に日本の政治が行われておりましたが、その僧侶たちが万病の薬として持ってきたのがお茶なのでした。そして、その僧侶たちが毎日仏壇に健康を守ってくれる感謝の気持ちとしてお供えをしていたこと(献茶)が、日本の上流階級から一般庶民にまで広まっていったのが慣わしで、そこから「仏事にはお茶」という習慣が定着しました。

■お茶には境界を区切る意味もある

さらに、お茶が境界を区切る象徴的な意味をもっていることとも関係があります。たとえば、家を訪れた時、お茶が出れば、その家に受け入れてもらえたことを表しますが、これもお茶を飲むことである境を超える事例のひとつです。人が亡くなり、この世からあの世へと旅立つ、その境を超えることがお茶を飲むことで示されると考えられています。葬式にお茶を配るのは、本来はその場でお茶を飲んでもらうという意味のようで、今ではお茶を配ることで故人との別れを確かなものにするという意味が込められています。

■当店のお茶は

「葬儀のお茶はおいしい」と言っていただけるように、自信を持ってお届けできる、吟味されたラインナップを取り揃えております。送料無料のお茶もご用意いたしました。(送料無料のお茶はコチラをご覧ください。)       

参考にさせていただいたサイト
「O-CHA NET」 http://www.o-cha.net/index.asp
「おいらくネット」 http://www.oirak.jp/

■カタログギフトのメリット・デメリット

香典返しとして、カタログギフトをご利用されるお客様が増えております。
カタログギフトの最大のメリットは先様が好きな商品を選べる点です。
一方で次のようなデメリットもやはりあるようです。
・先方様がきちんと選んでハガキを送ってくれるか心配
・そもそも希望するようなアイテムがなかなかない点 などです。

■カタログギフト向けの方・そうでない方

上記のことを考えると、ご返礼にはカタログギフトは上手に使われるとよろしいかと思います。たとえば以下のような方にはカタログギフトは喜ばれます。
・年齢の比較的若い方
・時間があり、じっくりとカタログから選ぶのが好きな方
・お子様などに差し上げることのできる方
などです。逆に次のような方には別の商品をご検討されるのもひとつの方法です。
・ご年配で一人では方法がわからなかったり、選ぶのがむずかしいと思われる方
・時間がなく忙しくしていてじっくり選ぶヒマのない方
・連名でお香典をいただいている場合

■デパートのカタログギフト

当店のカタログギフトはデパートのバイヤーが厳選した品揃えです。お届先様のハガキの出し忘れや紛失にも確実に対応しております。安心してご利用くださいませ。

(カタログギフトのご注文はコチラから)

商品券を贈る場合は「台」をつけることで贈答品のマナーにそったお返しになります。

「台」にするものは、1000円〜2000円程度のちょっとした品物で構いません。商品券と品物をセットにして贈ります。この場合、掛け紙(のし紙)は商品券に付けます。

・また、悩み抜いて候補に挙げた品物が半返し予算に届かない場合もあります。品物に商品券を添えて贈ればスマートに解決します。この場合の掛け紙は品物につけます。

■よく使われる商品券はデパート共通商品券です

香典返しなどの冠婚葬祭ギフトに適した商品券は「全国百貨店共通商品券」です。北海道から沖縄まで全国のデパートでご利用いただけます。


10.香典返しとお中元・お歳暮

■香典返しとお中元・お歳暮

お中元やお歳暮は、日頃お世話になった方々へのお礼のカタチですから、いつもどおりお贈りしましょう。

■お中元・お歳暮を贈る場合ののし紙

中元・歳暮はフォーマルギフトの代表格ですが、ほぼすべて簡易包装です。簡易包装のかけ紙には「のし」が印刷されている場合があります。また、企業様ではのし紙を付けて贈る習慣が残っています。

「のし」や紅白の水引が気になる場合は、無地短冊のしを使い、御中元(御歳暮)と表書きされることをおすすめします。その場合は完全包装となります。


■寄付について

葬儀でいただいたお香典を返礼品としてお礼をされる方は全体の9割を超えると言われていますが、中には香典返しはせずにどこかの団体へ寄付されるという方もいらっしゃいます。こういった事情についてはそれぞれご葬家ごとのご事情があろうかと思いますが、一番はそれが故人の遺志であるのなら尊重するべきだということです。


■どのようにすればよいか?

寄付の方法については希望する団体へお問合せいただければよろしいかと存じますが、香典をいただいた方々へはなんらかの方法で寄付した旨をお伝えされるのがよろしいと思います。一般的には四十九日の納骨後、通常香典返しを発送する時期に、手紙をお送りされることをおすすめいたします。


■過去のケースでは・・・

過去のケースでは、いただいた香典の全額を寄付するのではなく、一部を寄付に充てるという方が多くいらっしゃいました。具体的には、四十九日法要後に(半返しまではいかない)少額の返礼品を用意し、寄付の旨を記載した挨拶状を添えて発送されるという方法です。相手にも気遣い、故人の遺志も尊重したスマートな方法だと思いますので、採用されてみてはいかがでしょうか。

■香典の辞退

葬儀の小規模化とともに、香典を辞退なさるご葬家様が増えてまいりました。辞退する旨をお知らせしたとしても、香典をお持ちになる方は多数いらっしゃいます。それぞれのお考えを尊重いたしましょう。


■香典返しの辞退

反対に、香典返しを辞退される方もいらっしゃいます。この場合、香典返しをしても失礼にはあたりません。


■香典返しの準備

なお、香典返しの準備には思った以上に時間がかかります。挨拶状の文面や予算ごとの商品選びなど、葬儀後早い段階からなんでも相談くださいませ。

13.香典返しを受け取ったら返事は必要?
■香典返しの返事

一般的には香典返しをいただいた際に返事はしないのが普通です。香典返しをもらってその礼状をだすというのは「不祝儀が繰り返される、あとを引く、長引く」という考え方から昔から避けられ、失礼とされています。


■どうしても言葉をかけたい場合

ただし、ご遺族の中には葬儀のあわただしさもおさまり、しみじみと悲しさや寂しさを感じておられる方もいらっしゃいますので、その場合には礼状ではなく、心をこめたお見舞状という形式でだされるとよいでしょう。電話で力づけてあげるのもよろしいのではないでしょうか。その際にひと言「ご丁寧に頂戴いたしました」とか「恐れ入ります」とお礼を述べるとスマートです。

ページトップへ