カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

香典返しの流れ


「香典返し」とは・・・?

お葬式でお金や品物をいただいたら、先様に商品券やお品物をお返しします。それが「香典返し」です。

品物を持参するか配送して先様にお届けします。


「香典返し」の金額は?

金額の目安は香典の3割から5割です。

タオルやお菓子など品物だけを渡すのが一般的ですが、

高額の場合は、品物にプラスして商品券をお渡しする方法もあります。

「香典返し」の体裁は?

包装の体裁は、お品物に掛け紙(のし紙)をかけてから包装紙で包みます(これを内のしといいます)。

挨拶状を添える場合は、お品物と掛け紙の間に挨拶状を差し込んでから包装紙で包みます。


<一般的な香典返しの手順>

1. 香典返しを発送する日を決めます。

実際の法要日もしくは亡くなられた日を含めて日程を決めます。

当店では、インターネットでご注文の場合発送までに1週間、

細かな打ち合わせが必要な場合には発送までに2週間を頂戴しております。

仏式は49日後、神道は50日後、キリスト教は30日後に先様へお届けします。

ですので、仏教・神道では亡くなられてから5週間後を目途にご注文をおまとめください。

キリスト教は少し早くなりますので、2週間後までに注文をまとめることになります。

ただし、キリスト教ではもともと香典返しの習慣はありません。

ですので、仏教などと同じく5週間後に注文遅すぎて失礼にあたるということはありません。


2. お返しする先様のリストを作成します。

名前・住所・電話番号・香典金額・その他(お花など)を一覧表にします。

3. デパートからカタログを取り寄せます。

当店でもカタログ一式をご用意しております。挨拶状見本も合わせてご請求ください。

4. 香典返し業者を選びます。

安心感、一括して様々な希望に対応できるか、ブランド、価格、送料などが基準となります。

当店では、品物や挨拶状の手配など、お客様一人一人のご希望に寄り添った百貨店ならではのきめ細かな対応をさせていただいております。

5. 挨拶状を添えるかどうかを決めます。

挨拶状は無料でサービスさせていただいております。

6. 香典金額ごとにおおよその品物を決めます。

香典のお返しでもカタログギフトが定番です。

カタログギフト以外のお品物ですと、お茶・のり・タオルが多くのお客様に好まれます。

また、高額の香典返しでは商品だけでは相応の品物をお返しできない場合もあります。そんな時のために、当店では全国百貨店共通商品券とお品物を組み合わせて送ることもできます。

7. 送り方を決めます。

先様にそれぞれお届けしたり、複数の香典返しをまとめて一ヶ所へ送ることもできます。

8. 先様ごとにお返しするお品物を決めます。

お香典の金額と先様の状況に合わせて選びます。

当店ではお電話や実際の店舗でもご相談を承っております。

9. お返しする先様の最終リストを作成します。

お名前・ご住所・お電話番号・品物・挨拶状の有無を記入します。

こちらのリストをご利用ください。

(まとめて一ヶ所へ送る場合はその指示も必要です)

10. 注文します。

ネット注文で挨拶状を添えない場合は、発送日の1週間前が目安です。

ご自分で作成したリストで注文する場合や挨拶状を添える場合は、内容確認のやりとりがありますので、発送日の2週間前が目安になります。

ページトップへ